【ご来室のみなさまへお願い】

お知らせ

ご来室いただくみなさまには以下のご協力をお願いいたします。
*マスクの着用にご協力をお願いいたします
*こまめな手洗いにご協力をお願いいたします
*入室時に検温を実施しております。37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入室をお断りすることがございます
*他の来室者の方と一定の距離をとり、拝観をお願いいたします
*館内で体調が悪化した場合は、スタッフまでお申し出ください

2020年12月の展覧会

「峨嵋露頂図巻 鍋島と景徳鎮の小さな五彩 美しさを追い求めて」

「峨嵋露頂図巻 鍋島と景徳鎮の小さな五彩 美しさを追い求めて」

開室期間 2020/12/1(火)~ 2020/12/25(金)
休室日 2020/12/3(木), 12/23(水)
開室時間 10:00~16:00 ※最終入室は15:30
入室料金 一般 400円 / 20歳未満は無料
障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は200円引き
《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合がございますので、年齢のわかるものをご用意下さい
出品リスト こちらからご覧ください(PDF)

東京黎明アートルームの至宝「峨嵋露頂図巻」と「籬夕顔図屏風」を展示します。
前者は与謝蕪村の代表作で、李白の漢詩に基づくともいわれる作品。
後者は尾形光琳が『源氏物語』の「夕顔」をモチーフに描いたとされる金地着色屏風(二曲一隻)です。

陶磁器は日本の官窯とも称される鍋島と明時代に景徳鎮窯で作られた官窯の小さな五彩を展示します。
そのほか、アジアの仏教彫刻6点(常設展示作品含む)や岡田茂吉作品も展示します。

皆様のご来室を心よりお待ちしています。